本文へジャンプ

個人情報保護に関する基本方針

ホンダ企業年金基金(以下「基金」という)は、加入者、受給待期者及び受給者(以下「加入者等」という)の個人に関する情報(以下「個人情報」という)を適切に保護する観点から、以下の取り組みを推進します。

  1. 基金は、取得した加入者等の個人情報について、適切な安全措置を講じることにより、加入者等の個人情報の漏えい、紛失、毀損等又は加入者等の個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。
  2. 基金は、加入者等から提供いただいた個人情報を、年金及び一時金の給付管理など加入者等にとって有益と思われる目的のためのみに使用致します。
  3. 基金は、あらかじめ加入者等の事前の同意を得た場合を除き、加入者等の個人情報を第三者に提供致しません。ただし、次の各号に該当する場合は、加入者等の事前の同意を得ることなく、加入者等の個人情報を第三者に提供することがあります。
    • 法令の定めに基づく場合
    • 人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、加入者等の同意を得ることが困難である場合
    • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために必要であって、加入者等の同意を得ることが困難である場合
    • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、加入者等の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合
    • 当基金の実施事業所が、年金相談や年金施策検討のために必要がある場合
  4. 基金は、職員に対し個人情報保護に関する教育啓蒙活動を実施するほか、個人情報を取り扱う保護管理責任者を置き、個人情報の適切な管理に努めます。
  5. 基金が業務委託をする場合については、常に、より個人情報の保護に配慮したものに見直し・改善を図ります。業務委託契約を締結する際には、業務委託の相手としての適格性を十分審査するとともに、契約書の内容についてもより個人情報の保護に配慮したものとします。
  6. 加入者等が、加入者等の個人情報の照会、修正等を希望される場合、基金は個人情報保護のために定めた所定の手続きに基づき、すみやかに対応させていただきます。
  7. 基金は、加入者等の個人情報の取り扱いに関係する法令その他の規範を遵守するとともに、本個人情報保護基本方針の内容を継続的に見直し、改善に努めます。

2005年7月1日
ホンダ企業年金基金

個人情報の利用目的について

ホンダ企業年金基金の保有個人データは、本人の直接記述や事業所からの届出等によって取得しています。
その個人情報は、老齢給付金裁定や年金掛金の算定・請求、本人への案内などの年金の管理や給付に関連する実務に必要であり、加入者等に有益であると捉える範囲において適正に使用いたします。
ホンダ企業年金基金では、以下の利用目的で個人情報を使用させていただきます。

  • 年金及び一時金の給付管理
  • 年金証書(裁定通知書)、加入者証等の送付
  • 給付額に関するご案内の送付
  • 源泉徴収票の送付
  • 年金受給者の現況確認
  • 広報誌等の送付
  • 年金試算表のアウトプット他
  • 幹事信託銀行での数理計算他
  • 年金・一時金の給付額の送金
  • 実施事業所の年金相談や年金施策の検討

個人情報の共同利用、第三者への提供について

ホンダ企業年金基金では、実施事業所の事業主との間で、実施事業所の年金相談や年金施策の検討等のために、ホンダ企業年金基金での加入履歴を共同使用します。この場合、共同利用の管理責任者は、ホンダ企業年金基金及び各実施事業所の事業主とします。
なお、法令に基づく場合その他の「法に定める第三者提供の例外」及び国での加入履歴や支給情報を得るための基金連合会との確認を除いては、本人に事前に同意を受けた場合を除き、個人情報の第三者への提供は行いません。

お問い合わせ先

お問い合わせ先
ホンダ企業年金基金 〒107-8556 東京都港区南青山 2-1-1
TEL (03) 5412-1170 FAX (03) 5412-1523
reference@honda-nenkin.or.jp