本文へジャンプ

確定申告により、所得控除を反映した税計算が行われます。

確定申告とは

所得税法に基づき、1月1日から12月31日までの一年間に得た所得に対して所得税が課せられます。
基金からお支払いする年金も所得税の対象となりますので、お支払いの都度、所得税を源泉徴収しています。基金では所得税法に基づき一律7.5%(平成25年支給分より一律7.6575%)の税額を源泉徴収しています。扶養控除などの各種控除は反映されていません。

在職中は毎年会社が「年末調整」を行い、月々の給与から源泉徴収した税額と最終的な年税額の過不足を調整していましたが、会社を退職した年金受給者は「年末調整」がありませんので、ご自身で「確定申告」をする必要があります

「確定申告」とは、1月1日から12月31日までの一年間に得た全ての所得を計算し、税務署に申告・納税する手続きです。

確定申告すると、その申告内容が住民税の納付額にも反映されます。

「確定申告」で計算される税額は、国の年金や基金の年金など全ての収入を合計し、各種控除を差引いた課税対象額に所得税率を乗じた額となります。確定申告で計算した税額と源泉徴収で既に納めた税額とを比較し、多く納めている場合には還付されます。反対に不足している場合には追加で納税します。

「確定申告」は毎年2月中旬から3月中旬までの間、最寄りの税務署にて受付しています。手続きの詳細については、税務署にお問合せください。

確定申告に必要な源泉徴収票

「確定申告」の手続きをする際、添付書類として基金が発行する『源泉徴収票』が必要となります。
『源泉徴収票』は前年中に支払われた年金額と源泉徴収によって既に納めた所得税額を証明するものです。

『源泉徴収票』は毎年1月下旬頃、受給者の皆様のご自宅宛にお送りします。確定申告まで大切に保管してください。

紛失等により再発行を希望される場合は、基金まで『交付物再発行申請書』を郵送またはFAXでお送りください。

再発行には一週間ほどかかる場合があります。即日発行はできませんのでご了承ください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先
ホンダ企業年金基金 〒107-8556 東京都港区南青山 2-1-1
TEL (03) 5412-1170 FAX (03) 5412-1523
reference@honda-nenkin.or.jp