本文へジャンプ

年金記録に基づき、給付される年金額が計算されます。

基金の記録管理

会社から徴収する掛金や退職者に給付する年金・一時金を計算するために、基金では加入者に関する記録(生年月日や報酬月額など)を管理しています。
国の年金を一部代行する「厚生年金基金」では国と同じ記録を管理していますが、「企業年金基金」では基金独自の記録を管理しており、国の記録と一致するものではありません。

当基金では国の年金記録についてお答えすることができません。国の年金記録については日本年金機構の年金事務所にお問合せください。

国の年金記録

基礎年金番号による管理

国の公的年金は、「基礎年金番号」によって管理されています。
基礎年金番号は、全ての公的年金制度(国民年金、厚生年金、共済年金)で共通して使用される番号であり、一人に一つの番号が割り振られています。転職や退職で加入する制度が変わったり、年金を受給するようになっても基礎年金番号は変わりません。
各制度にまたがる加入記録を1つの番号で管理することで、届出漏れを防止したり、年金事務所での事務を迅速・的確に行うことなどを狙いとしています。

基礎年金番号は、平成9年1月から実施されました。平成8年12月に、被保険者には事業所経由で「基礎年金番号通知書」が、受給者には「新しい年金証書」が送付され、基礎年金番号が通知されています。平成9年1月以降に初めて加入した方には、加入時に交付される年金手帳にて通知されています。また、毎年送付される「ねんきん定期便」にも記載されています。

年金記録問題とねんきん定期便

平成19年5月以降、社会保険庁の保有する加入・納付記録にミスや不備が多いことが発覚しました。
記録に不備があるために個人を特定できず基礎年金番号に統合できなかったり、保険料納付の事実が残っていないケースなどが多数あることが分かったのです。年金記録が正しくないと、将来の年金給付に影響がある場合があります。

年金記録問題の解決に向けて、日本年金機構(旧社会保険庁)は被保険者に「ねんきん定期便」を送付しています。「ねんきん定期便」には加入期間や保険料納付の実績など年金に関する個人情報が記載されています。漏れや誤りがある場合には同封されている「年金加入記録回答票」にて訂正を申し出ます。
「ねんきん定期便」が届いたら記載内容を確認し、訂正の必要がある場合は「回答票」を返送するようにしてください。

なお、「ねんきん定期便」は毎年誕生月に自宅宛に郵送されますが、届かない場合は日本年金機構が正しい住所を管理できていない可能性があります。サラリーマン等の第2号被保険者と第3号被保険者の住所変更は事業主が届出ることになっていますので、お勤めの事業所の総務・人事までお問合せください。

「ねんきん定期便」についてのお問い合わせは・・・
ねんきん定期便専用ダイヤル:0570-058-555 ※IP電話・PHSからは 03-6700-1144
受付時間:月〜金曜日 午前9時〜午後8時  第2土曜日 午前9時〜午後5時

年金記録の確認方法

お問い合わせ先

お問い合わせ先
ホンダ企業年金基金 〒107-8556 東京都港区南青山 2-1-1
TEL (03) 5412-1170 FAX (03) 5412-1523
reference@honda-nenkin.or.jp