本文へジャンプ

企業年金は、企業が従業員を対象として任意に実施する年金制度です。

企業年金

概要図

従業員が退職する際に企業は退職金を支払います。企業年金制度を導入している企業では退職金の一部または全部を年金で受取ることができます。
わが国の企業年金制度には、厚生年金基金制度、確定給付企業年金制度、確定拠出年金制度等があります。
そのうち、確定給付企業年金制度を実施する形態として「規約型」と「基金型」があります。
「規約型」は、労使が合意して作成した年金規約に基づき母体企業(事業主)が運営します。年金資産は外部の金融機関等で管理・運用します。
「基金型」は、母体企業から独立した法人である基金を設立し、その基金が年金規約に基づき制度を運営します。

ホンダの企業年金制度は、確定給付企業年金(基金型)に該当します。

基金・企業・加入者の関係

基金は企業内部の組織ではなく、厚生労働大臣に認可された団体です。基金では企業(事業主)から掛金を徴収し、資産を管理・運用して、退職者へ年金・一時金を給付します。基金を企業とは別組織とすることで、社外積立による退職金原資を保全しています。

概要図

基金からの年金について、「退職者が基金に退職金を預けて運用を委託し、年金として受取っているのでは?」とのご質問をいただくことがありますが、企業年金制度は、従業員の入社と同時に企業が毎月「掛金」を拠出し、基金では拠出された掛金(年金資産)全体を長期に運用することで優位性のある年金額を確保する仕組みです。
従いまして、退職者が退職金を自ら生命保険会社等に預け個人年金を受取るような場合とは扱いが異なります。
基金からお支払いする年金は、税法上「雑所得の公的年金等」の扱いとされ、公的年金等控除の対象になります。
詳しくは、年金・一時金に関する税金をご確認ください。

お問い合わせ先

お問い合わせ先
ホンダ企業年金基金 〒107-8556 東京都港区南青山 2-1-1
TEL (03) 5412-1170 FAX (03) 5412-1523
reference@honda-nenkin.or.jp