本文へジャンプ

「年金」には様々な制度があり、仕組みはそれぞれ異なります。

年金とは

日本国内の年金制度は大きく3つに分類されます。

【公的年金】概要図

【企業年金】概要図

【個人年金】概要図

3階建ての年金制度

日本の公的年金制度は、「国民年金」から全ての国民に共通する基礎年金が支給され、厚生年金など「被用者年金」からは基礎年金に上乗せする報酬比例の年金が支給されるという2階建ての仕組みとなっています。さらに、公的年金を補完するものとして、私的年金としての企業年金等があり、公的年金と私的年金を合わせて3階建ての制度と言われています。

国民年金

20歳以上60歳未満の全ての国民が加入することになっており、公的年金制度の土台といえます。
原則的に65歳になると基礎年金が支給されます。

厚生年金

民間企業に勤めるサラリーマン等は、公的年金のうち国民年金と厚生年金の2つの年金制度に加入します。
加入期間とその間の収入の平均に応じて計算される報酬比例の年金が支給されます。

企業年金

従業員を対象として企業や団体が任意で実施します。厚生年金基金、確定拠出年金、確定給付企業年金等があります。

概要図

お問い合わせ先

お問い合わせ先
ホンダ企業年金基金 〒107-8556 東京都港区南青山 2-1-1
TEL (03) 5412-1170 FAX (03) 5412-1523
reference@honda-nenkin.or.jp