本文へジャンプ

代行返上しても、皆さんが受取る年金の総額は基本的に変わっていません。

それまで基金が肩代わりしていた代行部分の支給義務を国に返したことで、基金から支払う年金額が減り、代わりに国から支給される年金額が増えたことになります。ホンダ厚生年金基金から年金を受給していた方については、平成17年10月振込みの年金から金額が変更(国からの支給が増額)しています。国と基金から受取る年金の総額は基本的に変わっていません。

代行返上前に基金から支給していたプラスアルファ部分は、代行返上後は「基本上乗せ年金」として基金からお支払いすることになりました。
「基本上乗せ年金」は終身年金でお支払いすることが原則ですが、その他の受取り方法も設定されています。詳しくは基本上乗せ年金の受給についてをご覧ください。

概要図

代行返上後(平成17年7月1日以降)に退職された方は返上による給付内容の変化はありません。

お問い合わせ先

お問い合わせ先
ホンダ企業年金基金 〒107-8556 東京都港区南青山 2-1-1
TEL (03) 5412-1170 FAX (03) 5412-1523
reference@honda-nenkin.or.jp