本文へジャンプ

お問合せの多いご質問をQ&A形式にまとめました。お電話やメールでお問合せいただく前にぜひご覧ください。
なお、回答の中でご案内している参照ページの一部にはパスワードが設定されています。パスワードについてはQ29または「サイトのご利用について」をご確認ください。

基金について

一時金・年金について

年金換算率について

亡くなったとき

手続きについて

税金について

国の年金について

パスワードについて

基金について

01.
企業年金ってなんですか?基金ってなんですか?
01.
「企業年金」は、企業が従業員を対象に任意に運営する制度です。国が運営する公的年金による基礎的保障に上乗せし老後の所得充実を図ることを目的としています。
「基金」は、企業年金を運営する母体企業とは別に設立された組織で、加盟する事業所(企業)から掛金を徴収し、資産を管理・運用して、退職者へ年金・一時金を給付します。
02.
基金にはどんな人が加入するのですか?
02.
基金加盟事業所に在籍する60歳未満の方(正規従業員、嘱託従業員等)が加入します。
基金加盟事業所の従業員であっても、雇用形態により基金に加入しない場合があります。

一時金・年金について

03.
基金からはどんな給付が受けられますか?
03.
基金からの給付は、退職した時期、加入期間、退職時の年齢などの要件によりその内容が異なります。
ご自分がどんな給付を受けられるのかについては「受給権確認表」にてご確認ください。
04.
年金はいつから受取ることができますか?
04.
基金の年金は原則満60歳から受取ることができます
平成21年4月以降の制度では、60歳(または60歳以上)で退職する方は最長65歳まで繰下げて受取ることもできます。

参照ページ

05.
年金額はずっと変わらないのですか?
05.
平成21年4月以降の制度では、年金換算率の見直しにより年金額が変動します。(Q11・Q12も併せてご確認ください)
平成21年3月末までに退職した方の受取る年金は、年金換算率があらかじめ決められている制度なので年金額は変わりません。

参照ページ

06.
年金はいつまで受取ることができますか?
06.
受給している制度により異なります。終身年金であればご存命の限りお受取りいただけます。確定年金はあらかじめ定められた期間に限りお受取りいただけます。確定年金を受給している場合は、「年金証書」に支給終了月が記載されていますのでご確認ください。

参照ページ

07.
振り込まれる金額が減ってしまいました。なぜですか?
07.
確定年金の支給期間が終了したためと考えられます。お手元の「年金証書」に「支給終了月」が記載されていますのでご確認ください。

参照ページ

08.
受給中または待期中(将来受給する予定)の年金を解約して、一時金で受取ることはできますか?
08.
受給されている制度により異なります。解約を希望される場合は基金までご連絡ください。

参照ページ

09.
繰下げ支給開始年齢の変更は出来ますか?(平成21年4月以降の制度)
09.
1回に限り変更可能です。希望される場合は基金までご連絡ください。
10.
基金から支払われる年金の金額を教えてください。
10.
据置き・繰下げ中の方が将来の年金額をお知りになりたい場合は、「個人データの開示及び交付物再発行等の申請書」にて基金までお申し出下さい。
個人情報保護の観点から、年金額など個人情報の開示手続きは書面でのみ受付いたします。
加入者(退職前の方)の年金額については在籍事業所の総務・人事にご相談ください。

年金換算率について

11.
年金換算率ってなんですか?
11.
年金額を計算する際に用いる率です。指標利率とも呼びます。

参照ページ

12.
年金換算率はずっと変わらないのですか?
12.
平成21年4月以降に退職した方が基金から受取る年金の換算率は毎年見直されます。
平成21年3月末までに退職した方の年金換算率は変わりません。受取りが終了するまで同じ換算率を用いて年金額を計算します。

参照ページ

亡くなったとき

13.
受給中または受給前に亡くなった場合はどうなりますか?
13.
保証期間に応じた年金または一時金をご遺族に給付します。
14.
加入中に亡くなった場合はどうなりますか?
14.
加入期間が2年以上あれば、死亡時の加入期間および年齢に応じた遺族給付金をお支払いします。
15.
遺族であれば誰でも受取ることができますか?
15.
基金からお支払いする遺族給付金(年金・一時金)を受けられる範囲と順位は以下の通り決まっています。
(1)配偶者 (2)子 (3)父母 (4)孫 (5)祖父母 (6)兄弟姉妹
(7)死亡した者に生計を維持されていたその他親族
本人の遺言や遺族の意思により、上記の範囲と順位を変えることはできません。

参照ページ

16.
どういった手続きが必要ですか?
16.
お支払いしている(お支払いを予定している)年金の状況によって手続き内容が異なります。ご状況に応じた手続き書類を送付しますので、まずは基金までご連絡ください。
加入者が亡くなった場合は在籍していた事業所の総務・人事を通して手続きを行いますので基金までご連絡いただく必要はありません。

参照ページ

手続きについて

17.
引越しました。基金への届け出は必要ですか?
17.
受給者・待期者(受給を予定されている方)が引っ越した場合は必ず届け出が必要です。『年金受給権者 各種変更届』をご提出ください。
基金からの郵送物が正しく届かない場合、年金のお支払いが出来なくなることがあります。
加入者が引っ越した場合は基金への届け出は不要です。

参照ページ

18.
年金の受取り口座を変更するためにはどんな手続きが必要ですか?
18.
『年金受給権者 各種変更届』にて届け出をお願いします。
19.
基金から送られてきた書類を紛失してしまいました。再発行できますか?
19.
以下の書類については再発行することができます。
  • 年金証書
  • 源泉徴収票(年金、一時金)
  • 年金送金のご案内/年金支払額のご案内
  • 加入者証
再発行を希望される場合は『年金受給権者 各種変更届』にてお申出ください。
20.
年金を受けるためにどんな手続きが必要ですか?
20.
【待期者(既に事業所を退職している方)】
60歳*の誕生日の前月末に基金から「裁定請求書」という書類をご自宅に郵送します
* 繰下げ中の方はご本人が希望した受給開始年齢

「裁定請求書」が届きましたら必要事項を記入し住民票等を添えて基金までご提出いただきます。
誕生日の前月末を過ぎても基金から書類が届かない場合は、届出住所が正しくない可能性がありますのでお手数ですが基金までご連絡ください。

【加入者(これから事業所を退職される方)】
請求に必要な「裁定請求書」は事業所の退職説明にてお渡しします。「裁定請求書」は事業所経由で基金にご提出いただきます。

税金について

21.
年金には税金がかかりますか?
21.
基金からお支払いする年金(遺族年金を除く)は、所得税法上「雑所得」の公的年金等として課税の対象となります。
22.
一時金には税金がかかりますか?
22.
基金からお支払いする一時金(遺族一時金を除く)は、所得税法上「退職所得」として課税の対象となります。
23.
源泉徴収票ってなんですか?
23.
前年中にお支払いした年金額と源泉徴収によって既に納付された所得税額を証明するもので、確定申告の際に必要となります。
24.
源泉徴収票はいつ頃届きますか?
24.
毎年、1月下旬頃に基金に登録されているご住所宛にお送りします。
25.
妻を扶養していますが、源泉徴収票の控除対象欄に記載がないのはなぜですか?
25.
基金で源泉徴収する際には、扶養控除を反映した税計算は行いませんので、全ての方の扶養控除欄が空白となっています。
26.
基金の年金には、扶養や障害などの所得控除は適用されないのですか?
26.
基金で源泉徴収する際には適用されませんが、確定申告を行うことで、国の年金と合算し、所得控除を反映した税計算が行われます

国の年金について

27.
基金の年金をもらうと、国からの年金は減額されてしまうのですか?
27.
当基金の年金は会社が拠出した掛金を原資とした企業年金独自のものですので、企業年金を受給しても国の年金が減額されることはありません。
28.
国から受取る年金について教えてください
28.
当基金では国の年金に関する業務を行っておりませんのでお答えすることができません。
お近くの年金事務所までお問合せください。

パスワードについて

29.
パスワードが分かりません。どのように確認すればよいですか?
29.
パスワードが設定されているページの閲覧は、受給者・待期者(受給を予定されている方)・加入者に限らせていただきます。
受給者・加入者の方は基金よりお配りしている弘報誌にてパスワードをご確認ください。
弘報誌をお持ちでない待期者の方はお手数ですが基金までお問合せください。
なお、セキュリティの関係上、パスワードは変更させていただくことがあります。

お問い合わせ先

お問い合わせ先
ホンダ企業年金基金 〒107-8556 東京都港区南青山 2-1-1
TEL (03) 5412-1170 FAX (03) 5412-1523
reference@honda-nenkin.or.jp

パビーラ御殿場

年金お役立ち情報